ヒップホップのマットブラックカーへの執着の背後にある王室の歴史

スポーツ

ダルトン・ワトソン

レンジローバーが通り過ぎるのを見たとき、あなたは王室公爵やリッチ・ホーミー・クアンを思い浮かべますか?それはトリックの質問です。これはヒップなもの、特にヒップホップなもののように見えるかもしれませんが、最初の“殺害された”車の塗装作業(翻訳:フラットブラックのアフターマーケットカラースキームを使用)は、ラッパーではなく、エリザベス女王の叔父、ヘンリー王子、グロスター公爵のために行われました。

メガンマークルハット
グロスター公爵
ゲッティイメージズ

1900年生まれのヘンリーは、ジョージVとメアリー女王の三男でした。彼は、1972年に飛行機事故で亡くなり、現在のウィリアム王子の名前が付けられた、信じられないほど威勢のいい悲劇的なグロスターのウィリアム王子の父親でした。

タスティロバイファーステンバーグ

ヘンリーは、王室の最も長命のメンバーであり、私自身の個人的なお気に入りである不屈のアリス、グロスター公爵夫人、第7公爵の公爵の娘の夫でした。



ジェシカ・マルロニーの子供たち

彼はまた、かなり演劇的な趣味を持つ自動車愛好家であり、1960年にロールスロイスとコーチビルダーのジェームズヤングに依頼しました(当時はまだシャシーだけを購入し、車体を個別に設計することができました)シャシー5AT30にファントムVを装備驚異的なエクストラが搭載された7人乗りのリムジンボディ:1930年代スタイルのR-100ヘッドライト、イーグルフードの飾り、フロントドアとリアドアのウインドデフレクター、そして最も魅力的なのは、艶消しで少し不吉なツートンカラーペイントジョブ、マットブラックラッカーフェンダーの上の体に。リル・ウェイン!

キャリーグラントハウスパームスプリングス

ビバリーヒルズホテルの係員は、この係員を間違いなく前に置いていました。 T&C 数週間前にホテルの外で同様の装いをした新しいベントレーを見つけました。

労働者の日の記事
リル・ウェイン(正しい) そして、ビバリーヒルズホテルの外のマットブラックベントレー。
ステラネ・ヴォランデスとゲッティ

以前、ヘンリー王子は1951年にPhantom IVを製造していましたが、その特徴のいくつかはマットコーチを含む1960年の車のドレスリハーサルでした。しかし、その反復は成功とは見なされず、急進的なペイントの概念は長続きしませんでした。 (Phantom IVは、1966年のグレゴリーペック映画の光沢仕上げで見ることができます アラベスク

fに関する事実

この投稿の上部に描かれたPhantom Vは、ロンドンの街で非常に深い印象を与え、同じ効果を目指して100人のランボルギーニを生み出しました。現在のグロスター公爵は真面目で居心地が良い(写真は英国のウォーレン・バフェット)、建築家として訓練を受けた彼の弟の詩的でブルームズベリーのスタイルを持たない本好きの男。彼はバットモービルのタイプではありませんが、紳士の車を見たとき、彼は明らかに彼の車を知っています。 Phantom Vは、リチャード皇太子とその家族が今日の州の行事のためにまだ使用しています。

この物語は、2017年9月号の タウン&カントリー。