ワシントンD.C.で最も高価な家は、アーマーのCEOであるケビンプランクのジョージタウンマンションです。

不動産

HomeVisit

ワシントンD.C.の市場で最も高価な家には、重大な歴史があります。

2013年以降、Under ArmourのCEOであるKevin Plankと彼の妻であるDJが所有しており、公開記録によると780万ドルで購入した。彼らはボルチモアを本拠地とするデザイナー、パトリック・サットンを雇い、約200年前に建てられたジョージタウンのフェデラルスタイルのレンガ造りの家を改修しました。

エリザベス女王のワードローブ

ワシントン・ファイン・プロパティーズのリストの主任エージェントであるカイリン・モナハンによると、トーマス・ジェファーソン記念館で使用されているのと同じ材料であるバーモント・オリンピアン・ホワイト・ダンビーの大理石で作られた22,000ポンドの階段が追加されました。



この階段を作るのに22,000ポンドの大理石が必要でした。
HomeVisit

彼らはまた、地下のワインセラーとウイスキー室を建設しました(ケビンプランクは、2017年に家族が主な住居を維持しているボルチモアでウイスキー会社Sagamore Spiritを立ち上げました)。

ダイアナとチャールズ

12,000平方フィートのレジデンスには、リッツパリの1つをモデルにしたバーを備えたエンターテイメントルームもあります。以前の所有者の1人はDavid K.E.ブルースは、ドイツ、イギリス、フランスの大使を務め、第二次世界大戦中のパリ解放時にアーネスト・ヘミングウェイに同行しました。

HomeVisit

「歴史は、[ヘミングウェイ]がジープから飛び出して、彼がリッツを解放するために来たと言う」と、リッツのホテルの歴史家であるクロード・ルーレットは語った。 サンフランシスコクロニクル 「もちろん、何年も彼を知っていたマネージャーのクロード・オゼッロは、「銃をドアのそばに置いて入って来て」と言った。そこでヘミングウェイはバーに行き、パリで彼の最初のシャンパンを飲んだ。それがどのバーにあったかは誰にもわかりませんが、小さなバーだったと思います。」リッツの「小さなバー」は現在、世界的に有名なバーヘミングウェイであり、そこからPlankのホームバーがインスピレーションを得ています。

ハリー・S・トルーマンからジェラルド・R・フォードまでのすべての大統領に仕えたブルースは、妻のエヴァンジェリンとパーティーを開くことで知られていた。 ワシントンポスト 彼らを「ワシントンの社会情勢のハイライト」と呼んだ。これらのソワレに対応するために、ブルースは1970年代に12フィートの天井がある34フィートのボールルームを追加しました。

マスターベッドルームは、ジョージワシントンスイートとして知られています。
マット・リブ

7つの寝室はそれぞれ、異なるアメリカ大統領に基づいています。マスターはジョージワシントンスイートと呼ばれ、「元大統領の肖像と、ワシントン大統領の兵役へのうなずきの代わりにキャノンボールを備えたガス暖炉」を特徴としています。 ウォールストリートジャーナル、最初に限定公開リストを報告しました。

アンランダーズアビーアビー

2950万ドルの提示価格には、家の家具のほとんどが含まれています。プランク家のスポークスマンであるトム・ゲデスは、 ジャーナル PlankはUnder Armourに「完全に焦点を合わせて」おり、彼が予想していたほど資産を使用していないため、彼らが資産を売却していること

マット・リブ

敷地は3分の1エーカーで、独立したジム、温室、温水ラッププールがあります。