マイアミのシックなショッピング地区のガイド

スタイル

Swireプロパティ

ファッションに関しては、マイアミは何十年もの間、そのスタイルが忘れられていた土地として馬鹿にされてきましたが、ジャンニヴェルサーチがサウスビーチを支配するずっと前から、この街はシックな中心地でした。戦間中の全盛期、リンカーンロードは、この国で最初の歩行者天国の1つで、南の5番街と呼ばれていました。

確かに、リンカーンロードのガーメントがくしゃみをして、どこでも流行の女性が風邪をひいていた時代でした。しかし、野心的な開発者のグループが実店舗の未来を一連の経験と芸術的な冒険として再考しているおかげで、街はファッションの日差しの中で別の瞬間を楽しんでいます。


アベンチュラ:寿司からグッチまですべてを切望している大金持ちのために

“私たちはモールにいますが、古い学校のモールに関連したスティグマはありません。” 1983年にオープンし、年間2800万人の訪問者を獲得したマイアミ北東部のリヴァイアサンであるAventuraの過半数所有者である家族経営の会社であるTurnberry Associatesの共同議長兼CEOであるJackie Soffer氏は言います。 “それは人々が期待するよりも洗練されています。”



サックスジュエリー部門
ドイツの彫刻家カルステン・ヘラーによって設計された、マイアミのアベンチュラにある長さ93フィートの巨大な銀のスライド。
礼儀アドベンチャー

冗談じゃない。セリーヌとCOSのハイ/ローミックスに身を包んだソファーは、そびえ立つコルクのくさびで補強された彼女の小柄なフレームに、2017年にオープンした新しい3階建ての315,000平方フィートの豪華な翼の地上を歩き回っています2億1400万ドルの拡張の入り口は、2つのインタラクティブなアートワーク、ドイツの彫刻家CarstenHöllerによって設計された93フィートのらせん構造、およびデザインワールドダーリンのSimonとNikolaiによる3つの大規模なブロンズゴリラと4つのブロンズツリーのスプラッシュファウンテンインスタレーションで占められていますハース。

造園は、デザイナーであり都市計画者であるネイサン・ブラウニング(大部分はマホガニーと黒いアイアンウッドの木を移植した)によって、中庭に迫り、熟成された永続性の雰囲気を与えます。場所が比較的新しいという唯一の手がかりは、サンフランシスコの賞を受賞したマイケルミナによるレストランの近日中のサインです。上の階には、3つのUgo Rondinone粘土の彫刻、Teslaショールーム、流行に敏感なガストロパブ、広大な屋内外イベントスペースがあります。これらは、おそらくショッピングのテナーの変化の兆候として、最終的には個別のVIPエリア。

“今日の小売業は、クリティカルマスと、買​​い物客が来る理由を増やすことです。”ソファーは、どうにかして彼女の電話で他の2つの会話をうまくやり遂げたと言います。 “目標は、人々が私たちの財産を体験したいと思う複数の理由を作り出すことです。”

4月の休暇スポット

マイアミのビジネスマン兼アートコレクターであるノーマンブラマンが、00年代前半にそうするように懇願して以来、彼女自身のアートコレクターであるソファーは、彼女の財産のために重要な作品を獲得していることをすぐに指摘します。 ;彼は基本的に私の市民的義務だと言っていました;)、彼女はまた、インスピレーションを家に少し近づけたと非難されるかもしれません。


デザインディストリクト:アートコレクター、カルチャーハゲタカ、およびラベルcognoscenti向け

ソファーは、80年代のサウスビーチの活性化を担当した開発者クレイグロビンズと結婚しており、マイアミのダウンタウンの北18都市ブロックにまたがるウィンドウッドとエッジウォーターに隣接するデザインディストリクトの背後にある原動力です。 (彼らは寄託で会いました。)2002年のオープニング後のデザイン地区のノックは、それが一種の豪華なポチョムキン村であり、近所を求めてしばしば捨てられた通りにある豪華に指定された小売宮殿のクラスタであったことでした。しかし、何年にもわたって一見無限の建設が行われた後、同じくブラウニングによって手入れされた芸術に影響を受けたエリアは、活気のある飛び地としてようやく独立しています。

デザインディストリクトのミュージアムガレージは、建築ファサードの見事な死体です。
ミゲル・デ・グスマン

ジョン・バルデッサリやバックミンスター・フラーなどによる既存の公共施設には、ウルス・フィッシャーとブルレック兄弟によるサイト固有の作品が加わりました。マイアミ現代美術研究所(ノーマンブラマンの支援)とデラクルスコレクションの家がオープンし、美術館ガレージも正面を5人のアーティストによってだまされています。エルメス、ディオール、ルイヴィトンなどのトップブランドは、記念碑的なフラッグシップを作り続けており、ここの歩行者数はまだディストリクトのライバルとは一致しないかもしれないが、買い物客は一瞬も足りないという主張に重みを与えています。