オバマ氏は実際に記録的な本の進歩を取り戻すことができますか?

芸術と文化




ゲッティイメージズ

とき フィナンシャルタイムズ 先月遅く、バラクとミシェルオバマが回顧録に対する世界的な権利のためにペンギンランダムハウス(PRH)から6,500万ドルの前払い金を受け取ったというニュースを破り、書籍業界の人々はa敬の念を抱いていました。



「最初の考えは間違っていた」と言う 出版社のウィークリー ニュースディレクターのレイチェルディールは、10年間本業界をカバーしています。 「あなたはそのような数字を聞いて、それが膨らんだか、悪い情報を得たと思います。」

「それは驚くほど多額です。スタンドアロンの本でこのようなものを見たことはありません。」



出版社は、著者がどれだけの進歩を得ることができるかを決して明らかにしないので、 週刊パブリッシャー エージェントや他のインサイダーを含む情報源に手を伸ばして、フィギュアの正確さを確認し始めました。そして、結局、その数は正しかったことがわかりました。 「それは大きなショックでした」とディールは言います。 「それは驚くほど多額です。スタンドアロンの本でこのようなものを見たことはありません。」

初心者にとって、本の前払いは、著者が収入に対して前払いするお金です。通常、彼らは一度にすべてを手に入れることはありません。ほとんどの進歩は、書面および出版プロセスの特定のマイルストーンで支払われます。署名時のパーセンテージ、編集後のパーセンテージ、出版時のパーセンテージなどです。出版社がその前払い金を回収するのに十分な場合にのみ、著者はロイヤリティからお金を見始めます。